陸上

大迫傑選手マラソン日本新記録!おめでとう!

2018年10月7日、米イリノイ州シカゴで行われたシカゴマラソンにおいて

大迫傑選手が2時間5分50秒の日本新記録を樹立しました。

 

おめでとうございます!!

陸上界でも

大迫半端ないって!

が流行りそうですね。

大迫選手のペースは

入りの10㎞が30分台なのに2時間5分台を出すなんてすごすぎます。日本の長距離界を引っ張っている大迫選手の強さが際立ちましたね。

25㎞から30㎞のペースの切り替えにもしっかり対応してすばらしい走りでした。

ちなみに以前の日本記録は設楽悠太選手が記録した2時間6分11秒だったので21秒もの更新です。

 

なお日本実業団陸上連合から報奨金として1億円が贈られます。

 

ちなみに1位になったのは長距離界で知らぬ者がいないほど有名なモハメド・ファラ=選手です。以前オールスター感謝祭の赤坂マラソンに出ていた選手です。時間は2時間5分11秒です。こっちもびっくりです。

ファラー選手と大迫選手は同じナイキオレゴンプロジェクトを練習拠点としています。

 

大迫はレース後、「非常にうれしい。設楽選手やチームメートがモチベーションになった。気象条件も過酷だった。最後にがんばれた。落ち着いて走ることができた。これからも期待してもらいたい」と胸を張った。

 

まだタイムを更新しそうな走りでした。今後も記録を更新してくれるのではないかと期待しています。

東京オリンピックで是非活躍してほしいです。