トレーニング

ランニングするなら朝?夜?どちらの方がいいのか?

朝にランニングするのと夜にランニングするの、どっちがダイエットに効果的なのか?違いはあるのか?についての記事です。

ダイエットのためにランニングを始めよう、健康のためにランニングをしたい。

けど朝・夜どっちにランニングをすればいいのか分からないという人向けです。

 

さっそく結論を出すと、生活習慣・目的で違います。

朝早く起きれる人なら朝ランニングすればいいし、がっつりとしたランニングをしたいなら夜すればいいです。

朝?夜?どっち?

朝ランニングするとき、夜ランニングするときの効果の違いに注目して詳しく説明します。

朝ランニングのメリット

まず間違っていけないのは朝ランニングは朝ごはんの前に走ることです。朝ごはんを食べる前は何も摂取していないので胃の中が空っぽです。ここがポイントです。

ただ何も食べずに走ると危険なので軽めの食事(バナナ等)をとってからランニングするといいでしょう。

脂肪燃焼効果が高い

エネルギーとして使われるのは糖質、脂肪、たんぱく質です。この中で使われる順番は糖質→脂肪→たんぱく質です。

糖質と脂肪は同時にどちらも使われますが、使われる割合は運動し始めは糖質の方が多いです。時間が経つと脂肪の割合が増えてきます。

脂質を使ってエネルギーを得るスピードは糖質を使うよりもかなり遅いです。最初は代謝スピードが速い糖質を使います。

少し説明すると次のような流れでエネルギーを作っています。グリコーゲンは糖質です。

筋肉内のグリコーゲンを使ってエネルギーを生成

筋グリコーゲンの低下

血中グルコースの利用

脂肪組織の脂肪が遊離脂肪酸として血中に遊離

朝だと食事からのエネルギー(糖質)がないので蓄えられた脂肪を使ってくれます

これが脂肪燃焼効果が高い理由です。

 

規則正しい生活

朝にランニングをする習慣をつけると規則正しい生活になります

朝ランニングしようとしたら早起きする習慣がつきます。また夜遅くまで起きていることもなくなります。

代謝率が高まる

朝は目覚めたばかりなので基礎代謝は一日のなかで一番低いです。朝ランニングすることで体温を高め基礎代謝を上げることができます

空気が澄んでいる

気温が低い朝は大気中にごみや塵が浮遊しにくいので、空気が澄んでいます。

朝ランニングのデメリット

ケガをしやすい

朝は起きたばかりなので身体が硬いです。いきなり走りだすと怪我をしやすいです。しっかりストレッチや軽めの体操をしてからランニングをしましょう。

早起きが苦手

早起きが苦手な人はランニングをする時間をなかなか作れません。朝ランニングする方が脂肪燃焼の効果は高まりますが、無理してまで早起きする必要はないです。

夜ランニングのメリット

ストレス解消

その日あった一日のストレスをランニングで解消することができます。体を動かすことでストレス発散になります

時間をとりやすい

朝とは違って夜は時間に余裕があります。夜ならその後の予定がないので長い時間ゆっくりとランニングすることが可能です。

暗いので走りに集中しやすい

ある程度強度の高い運動ができる

夜は一番パフォーマンスが高いです。朝とは違って体がしっかり動くのである程度強度の高い運動ができます。

朝よりも消費カロリーは多くなります。

熟睡効果

夜ランニングすることでほどよい疲れが残り熟睡することが出来ます。

好きな時にランニングをすればいい

朝、夜のランニングのメリットデメリットを書きましたが結局は好きな時にランニングすればいいです。

朝のランニング、夜のランニングあなたはどっちが好きですか?

私はどっちも好きですが学校・会社のある日は夜のランニングが好きで休日は朝のランニングが好きです。

ランニングで一番大事なのは走ることを楽しむことです。楽しくないならわざわざランニングをせずに水泳、サイクリングをすればいいです。

健康、ダイエットのためにわざわざ楽しくない思いをしてまでする必要はないです。朝、夜両方ランニングしてみて自分が好きな方で選ぶのはありです。

まとめ

ダイエット目的なら脂肪燃焼効果が高い朝にランニングするのがいいです。ですが、早起きが苦手な人は夜ランニングしても十分効果はあります。

夜は朝よりも時間があるので長い時間ランニングできます。また強度の高い運動もできます。その分消費カロリーも高まります。

自分にあった時間に走るのがいいでしょう。

一番大事なのは継続して楽しく走ることです。