陸上

陸上 タイムが伸び悩んだ時に私がしたこと

陸上をしている人なら自己ベストが更新できない時期が一度は訪れるはずです。そんなときに息抜き程度に読む記事です。

私にもそんな時期がありました。一度1500mで4分08秒を出してからそれ以上のタイムを出せない、怪我もないし練習もサボらずに練習を継続している、なかなかベストが出ない。一年くらいベストを更新出来ていませんでした。高1の秋に4分08秒を出してからずっと4分10秒前後のタイムばかり、やっと更新できたのは2年の秋にに出した4分04秒でした。

この一年間、タイムを更新できず苦しかったです。自分にはこれ以上のタイムを出せる才能はないのかと思ってもいました。

この一年間を振り返ってどうしてタイムが伸び悩んでいたのか、何をしたらタイムが伸びたのか考えてみました。あくまでも私の例です。個人によって差はあるかと思います。参考程度になればうれしいです。

タイムが伸び悩んだ時にしたこと

ダウンジョグを多めにとる

ダウンジョグをしていますか?

私はそこまで重要視していませんでしたが、ジョグが少ない人は多めにするべきです。特に私のように陸上を高校から始めた人はです。私は高校から陸上を始めました。陸上を始めたばかりの頃ははjogをたくさんすると思います。基礎体力の向上を図ります。私はそれをせずにいきなり、インターバルやペース走、ビルドアップのポイント練習ばかりしていました。

ジョグは基礎体力の向上のほか、心肺機能や最大酸素摂取量の向上、毛細血管の発達の役割を持ちます。最近始めた人なら伸びしろはかなりあります。距離を稼ぐためにダウンジョグを30分はとるように私はするようにしました。

それのおかげか、5000mで15分台を出せるようになりました。

次の日の練習にも疲れを残さないようにするのも大切です。

練習の目的を明確にする

なんとなく練習をしているだけでは効果はありますが、鍛える箇所に偏りができます。高校のテストで一部の範囲だけ勉強していても総合的には高得点が取れません。それと同じようにまんべんなく鍛えるべきです。そのために、練習の目的を再確認するといいです。

好き嫌いなく練習メニューをこなす

これが一番大切だったと考えています。

練習の目的を確認しても自分が好きな練習メニューばかりしてはいけません。

嫌いな練習を特にすべきです。好きな練習は得意な練習の方が多いはずです。好きな科目が得意な科目と同じです。得意な練習が好きな練習という逆も言えます。

好きな練習はある程度は力がついています。それをさらに磨こうとするとどうしても時間と労力がかかります。伸びしろが少ないからです。

私はリカバリー長めの300mのインターバルが好きでした。好きな理由は周りよりも速く走れ、そこまできつくないからです。ある程度スピード系は自分の中では力があるということです。この練習ばかり一時していましたが、あまり効果は見られませんでした。

一方の嫌いな練習は自分が苦手な練習です。私がペース走が嫌いでした。前半走っているうちは楽だけど後半とてもきつくなってくるからです。毎回やめたくなります。これは自分の持久力の能力がまだまだ未熟ということです。

嫌いな練習はどうしても避けがちです。その気持ち分かります。ですが、嫌いな練習ほどすればするほど自分の力になります。嫌いな練習が好きな練習になればそれは自分の中である程度力がついてきた証拠です。

タイムに伸び悩んだ時は嫌いな練習を多めにするようにするといいかもしれません。食生活と同じく好き嫌いなくバランスのよい練習が良いです。

 

まとめ

陸上はタイムが徐々に伸びるよりも急激に伸びることが多いです。すぐに結果という目に見える形で現れません。ある程度の期間が必要です。ある程度たってもなかなかタイムが伸びないときは今までの練習メニューを見直したり、食生活を見直すようにしましょう。

最後に能力も大事ですが、心も大事です。気持ちでネガティブだとタイムも良くなりません。気持ちはポジティブでいましょう。